MENU

ヒアルロン酸の働き

 

人間の体のあちこちに存在するヒアルロン酸。お肌にハリやツヤを与えてくれるヒアルロン酸は肌の他に関節、眼球、へその緒、卵巣、心臓、血管などにも存在しています。

 

<ヒアルロン酸の働き>
皮膚での働き
ヒアルロン酸は保湿性に優れており、1グラムで約6リットルもの水を保持することができるといわれています。そのため、皮膚に存在するヒアルロン酸はぷるぷる瑞々しい皮膚を保つ働きをしています。しかし、ヒアルロン酸は年齢とともに減少することが知られています。ヒアルロン酸が少なくなるとハリやツヤのある瑞々しいお肌を維持することができません。そのため、年齢を重ねるとどうしてもシワやカサカサ、たるみなどができてしまいます。
最近はヒアルロン酸補給のためのサプリメントや化粧水・乳液・美容液などのスキンケア商品などが販売され、お肌のアンチエイジングに使用している人が増えています。

 

関節での働き
ヒアルロン酸は関節液や関節軟骨に多く存在しており、骨と骨との滑りを良くしたり、クッションの役割をしたりしています。そのため、関節のヒアルロン酸が減少すると関節が動きにくくなったり、関節に痛みを感じるようになったりします。ヒアルロン酸の減少は老化による五十肩や関節の痛みと深い関係があります。現在、リウマチや変形性関節症、その他の関節痛の治療にヒアルロン酸注射が取り入れられています。

 

目での働き
ヒアルロン酸は眼球の硝子体(透明でゼリー状の組織)に多く存在しており、目の中でクッションの役割をしたり、眼球の形を保ったりしています。ヒアルロン酸が減少していくと目の輝きが失われていきます。子供の目がとてもキラキラしているのはヒアルロン酸が硝子体にたっぷり存在しているからです。また、眼球のヒアルロン酸はドライアイや目の乾燥、疲れなどにも関係しています。そのためヒアルロン酸はドライアイや目の乾き、目の疲れを回復するための目薬に配合され使用されています。また、目の手術時にもヒアルロン酸配合の眼科手術補助剤が用いられています。

 

心臓や血管での働き
心臓や血管に存在しているヒアルロン酸は、心臓や血管のしなやかさを保つ働きをしています。心臓や血管のヒアルロン酸が減少するとしなやかさがなくなるため、動脈硬化や高血圧などを引き起こすことがあります。

 

卵巣での働き
卵巣に存在するヒアルロン酸は女性の排卵や生理機能と深く関わっています。そのためヒアルロン酸は生理痛を和らげたり、更年期障害を改善したりするために使用されることがあります。

 

ヒアルロン酸入りサプリメント

 

ヒアルロン酸の働きには皮膚に潤いを持たせ荒れや乾燥などを防ぐ働き、目の潤いを保ちドライアイ・乾きを防ぐ働き、関節を滑らかに動かせる働き、血管をしなやかに保つ働きなどさまざまな働きがあります。
それらの中で女性から最も多くの注目を浴びている働きが肌に関係する働きです。
ヒアルロン酸はネバネバとしており、そのネバネバで細胞と細胞とをつなげたり、水分保持をし、肌にハリやみずみずしさをもたらしたりしています。ヒアルロン酸は残念なことに年齢とともにその量が減少していきます。ヒアルロン酸の減少は皮膚のハリやみずみずしさを奪うことにつながります。ヒアルロン酸が少なくなると、肌が乾燥し、シワやたるみができてしまいます。アンチエイジングや美しい肌を維持したいのなら、ヒアルロン酸を定期的に補給することが大切です。

 

次のようなお肌のトラブルを感じ始めたらヒアルロン酸の補給をするようにしましょう。
・肌のツヤやハリが無くなってきた。
・肌が乾燥してカサカサする。
・シワやたるみが出てきた。
・肌にしっとり感がない。
・化粧の乗りが悪い。
・口の周りがカサカサしてリップクリームが手放せない。

 

最近は多くのヒアルロン酸入り商品が販売されており、手軽に補給することができるようになりました。ヒアルロン酸入りサプリメントには次のようなものがあります。

 

<ヒアルロン酸サプリメント>
・低分子 ヒアルロン酸+コラーゲン(錠剤タイプ):マンナンフーズ
・キング・オブ・ビューティーサプリ(錠剤タイプ):ウェルネスジャパン
・小林製薬の栄養補助食品 ヒアルロン酸(錠剤タイプ):小林製薬
・DHCヒアルロンサン(錠剤タイプ):DHC
・低分子ヒアルロン酸粒(錠剤タイプ):オリヒロ
・低分子ヒアルロン酸コラーゲン(パウダータイプ):オリヒロ 
・飲むヒアルロン酸ぷるる(錠剤タイプ):株式会社クィーン
・皇潤(錠剤タイプ):株式会社エバーライフ
・うるおってキレイ(錠剤タイプ):サッポロエージェンシー
・ドクターシーラボ ヒアルロン酸ドリンクEX(液状タイプ):ドクターシーラボ
・潤い式ヒアルロン酸(錠剤タイプ):アサヒフードアンドヘルスケア
・華舞の食べるコラーゲン ヒアルロン酸コラーゲン(パウダータイプ):華舞
・アクアリーフ ヒアロコンクサプリメントE(錠剤タイプ):カネボウ
・MEEヒアルロン酸(錠剤タイプ):ヘルスケアネットワーク

 

さぁ、ヒアルロン酸でぷるぷる潤い肌を目指しませんか?

 

ヒアルロン酸とは

 

乳液や化粧水を買うときにヒアルロン酸という言葉につられてついつい買ってしまったことはありませんか?
お肌にいいと言われるヒアルロン酸、お肌が気になる人なら知らない人はいないのではないでしょうか。では、ヒアルロン酸とはいったいなんなのでしょうか?
ヒアルロン酸はムコ多糖類の一つで、皮膚や関節、目、へその緒など人間の体のさまざまなところに存在しています。
ヒアルロン酸は体のあちこちでクッションのような役割をし、肌のハリやみずみずしさ、関節運動の滑らかさ、目の潤いを保つなど重要な役割を果たしています。そのため、ヒアルロン酸は健康と美容を維持する大切な体の成分となっています。しかし、残念なことにヒアルロン酸は老化とともに減少してしまいます。そしてヒアルロン酸が減少すると関節が動きにくくなったり、関節が痛んだり、目のトラブルを起こしたり、肌が乾燥して荒れてしまったり、シワやたるみができたりとさまざまなトラブルが引き起こされます。また、ヒアルロン酸は卵巣にも多く含まれており、ヒアルロン酸の減少は生理痛や更年期障害にも関係しているといわれています。そのほか、ヒアルロン酸は血管をしなやかに保つ働きもあるため、ヒアルロン酸の減少は動脈硬化にもつながります。

 

現在、このヒアルロン酸は美容維持や健康維持のため大切な成分として注目を集めており、たくさんの製品が販売、処方されています。

 

<ヒアルロン酸製品>
・ヒアルロン酸入りサプリメント
・ヒアルロン酸入り化粧水、乳液、美容液
・ヒアルロン酸入り下地やファンデーション
・ヒアルロン酸入りドリンク
・ヒアルロン酸注射
・ヒアルロン酸入り目薬
・ヒアルロン酸入り関節痛薬

 

ヒアルロン酸は特に美を求める女性から注目を集めており、アンチエイジングを目指しヒアルロン酸を使った製品を日常のスキンケアで使用する人が多くみられるようになりました。また、さらに美しくなりたいと願う女性の中にはヒアルロン酸注射で直接皮膚にヒアルロン酸を注入し、アンチエイジングをする人もいます。その他、ヒアルロン酸を胸に注入して豊胸するヒアルロン酸豊胸も安全性が高く比較的に手軽に施術できるため注目を浴びています。
お肌の乾燥やたるみ、シワなどが気になっているのならヒアルロン酸製品を取り入れてみてはいかがでしょうか?また、関節痛や生理痛、ドライアイや目の疲れなどに困っている人もヒアルロン酸を補給してみてはいかがでしょうか?